ロフトベットからパイプベットへの転身

社会人になったことをきっかけに、長年の悲願を実行しました。それは新しいベットを買うことです。

今まで使っていたベットは子供部屋向きのロフトベットでした。それも私が小学生の頃からあったベットなので、今のもののように可愛くはなく、どっしりと重量感のある木目模様で、どんなインテリアをしようともうまくいかず、ベットを変えたくて仕方ありませんでした。

成人して社会人となった今、ついにそのベットを撤去し、新しいベットの購入という夢を叶えることができたのです。

このお正月の間に高さは天井近くまで合ったロフトベットを母と一緒に解体し、ニトリで購入したシングルパイプベットを置きました。今度のベットは高さが低く、白色なのでロフトベットの頃の圧迫感がほとんどありません。

そしてロフトベットに備えられていたタンスや机、木製スツールなどもなくなったので、部屋になにもない状態になりました。それでも、これから自分の好きな部屋を作っていけるんだ、という楽しみで今胸がいっぱいです。

今計画している次のインテリアは、蛍光灯をお洒落なシャンデリアに変えることと、ウォールステッカーを活用して、壁に模様を作り出すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です